将来不安のあまりないインフラエンジニア

インフラエンジニアとして、インフラを担う専門家としての仕事をしていくという道を選んだ場合には、将来の仕事にあまり不安を持たなくてよいということがメリットになります。
インフラ系の仕事の特徴として、現状として用いられている情報機器や、情報システムについての知識や経験が多いほど、重宝されるということが特徴です。

それに加えて、業界全体の特徴として将来的なキャリアを意識した現場教育のシステムが確立されていることから、早期にインフラ系の業界に入っておくことによって、希望するキャリアパスに応じた経験を積んでいきやすくなっています。
新人の間に必要となるのは、現場で実際に用いられている情報機器やシステムについて実際に手を触れてみるということであり、現場でのシステム導入や構築といった仕事に携われるようになっています。

そういった現場経験によって得られた能力は、適性に応じてインフラシステムの設計の方向に発揮したり、保守サービス等のカスタマーサービスに生かしたり、社内SEとして各企業の社内ネットワークの維持や管理に活用したりすることができるようになります。
こういった多様な方向性をもったキャリアパスが存在することも、インフラエンジニアの業界の特徴です。現代のインフラの中心となっている、サーバーやネットワークの技術を基盤とする様々なキャリアパスを描くことが可能であり、エンジニアとして需要の高い仕事を担っていくことで安定した仕事に就くことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked